マンションの管理会社変更の際に知っておきたい知識

マンションの管理組合という団体は、直面するいろいろな課題に対応する力が足りないために、独力では組織運営がしにくい弱点を持つ組織です。そうした弱点があるからこそ、管理組合をサポートしてくれるパートナーが必要とされてきました。それが管理会社です。この関係は分譲マンションの歴史と同じ年数を持つ古いもので、管理組合は管理会社抜きでは存立できなかったとみることもできます。パートナーであるからには、管理会社は管理組合の実情をよく知っていることが望まれます。事実多くの場合それぞれのマンションの実情は、管理の主役であるはずの管理組合よりも管理を行う会社のほうがはるかに熟知しているという実態がありました。管理組合は理事が毎年変更されますし、特に専門知識があるわけでもありませんから、問題の性質を理解しにくいという事情もあります。

管理をする会社の見直しのポイントは

サーモシェイプはマッサージと併用することで、さらに持続効果が上がります。この最新機器は、身体に溜まっているセルライトなどを柔軟にする作用があるので、マッサージや軽い運動を行うと、体外に排出される率が高まります。ただし脂肪細胞の量そのものを減少させるわけではないので、リバウンドを防ぐためにも、マッサージは重要です。注意点として、施術で受けた熱エネルギーは2、3日かけてゆっくりと消えていき、身体は元のように脂肪を溜めようとします。この時、カロリーの多い食事をするとリバウンドする可能性もあるので、食事には気を配るようにすると良いでしょう。しかし十分、セルライトや脂肪が溶け出してしまえば、痩せた状態が維持できます。そのためには、何回か施術を受けることが望ましいです。

管理会社を変えた場合理事会も対応が必要です

なぜ現在の会社を変える必要があるのかがはっきりしていればいるほど、新しい会社も選びやすくなります。それは会社を見直す理由が、そのまま新しい会社を選択する物差しとなるからです。今の会社に備わっていない点は何と何かを確かめれば、そうした条件をそろえている会社が選びやすくなります。この点の考え方がはっきりしていないと、管理をする会社を変えるということはマイナスになることが多くなります。こういったことをよく理解したうえで管理をする会社を変える場合、切り替え段階の乗り切り方が急所になります。管理組合の立場から考えればパートナーを変えるわけですから、新しい会社とは新しいパートナーとしての付き合いが始まるわけです。パートナーの交代に伴う実務的な問題の取り扱いには、管理組合とりわけ理事会にもそれなりの対応が必要になることを考えておかなければなりません。