HOME > 日本が持つ伝統、扇子

日本が持つ伝統、扇子

夏の暑さを凌ぐために、様々な機器が発明されてきました。太古の昔からそれは変わらず、女官が主人をうちわで扇ぐ姿は、よく絵画でも見ることができます。それくらい、何かで扇ぐという行為は昔から行われてきました。日本では扇子がそれに当たります。元々は樹を原材料に作られており、それに紙を入れていくという、まさに職人技の成せる技です。今ではプラスチックの商品も登場していますが、それでもほのかに香る樹の香りと和紙の香りは今でも人気が高く、夏にかけて販売されています。古都の京都や奈良では観光途中に購入する人も多く、色々な絵柄から自分の気に入った絵柄を選ぶことができます。桜や富士山は元より、月見をしている兎などが描かれているものもあり、外国人観光客にも、買い求めやすい値段からお土産や自分用として購入する人も多く、人気の商品となっています。

扇子の魅力をインターネットで購入

どのように夏を涼しく過ごすのか、先人は考えてきました。今でもそれは変わらず、文明の利器である扇風機だけでなくエアコンによって、涼しく快適に夏を過ごせるようになりました。しかし、外に出ると一変熱く、何かで扇ぎたい気分になります。しかし、うちわは折りたたみができず、かさばるため、不向きです。そんな時、扇子があれば一挙解決です。扇子は折りたたむことができ、木と紙で作られているため、その独特の香りも楽しむことができます。夏祭りに行く時も扇子は必需品であり、よく持っている姿を確認することができます。お店で購入できるのはもちろん、今ではインターネット通販で購入することができます。様々な写真がホームページに載せられており、自分の好きな柄や材料から選ぶことができます。また、この頃は海外から購入する人も多く、その魅力が分かります。

ネットでお手軽にオリジナルの扇子が作れます

手軽に持ち運べる扇子は真夏はもちろん、汗をかいた時にも上品に涼がとれる小物として重宝します。コンパクトにたためますし、そのデザインだけでも様々で個性的なものであればちょっとした話のネタになることもありますし、センスがいいものは使っていて気持ちがいいもの。暑くなる前の時期で母の日や父の日の頃には贈り物として人気の商品ですが、コンパクトで邪魔にもならないので時期を選ばず喜ばれる品です。購入するには店頭でも実物を見て購入することができますが、ネットでも購入が可能です。開いた状態でのデザインが確認できますので店頭で選ぶ際のようにいちいち開く手間が要りません。また、注文の時に名前を入れることもできますし、お店によっては自分のデザインした柄や写真を扇子にしてくれるサービスもあります。結婚、出産や還暦のお祝いなど記念の日にオリジナルで世界に一つの特別なお祝いにもなります。

当社の取扱い商品実績の特徴は、専門の京扇子を始めとして様々のバリエーションのある扇子を取り扱っている点です。 美しいデザインで品質にも優れている扇子を通販によって手軽にご購入いただくことができ、プレゼントとしても大変喜ばれます。 料金は、お手頃な2千円台から取り揃えていて、お客様の使用用途や好みのデザイン、好みの材質に合わせて選ぶことができます。 扇子で人気の舞扇堂です